電気自動車

電気自動車


石油が日ましに不足し、京都議定書の正式効力などの要素の影響を受けているため、交通機関が石油の代わりに電力を使用することは、すでに各国政府が積極的に推進し新興する「グリーンインダストリー」となっています。


電気交通機関は主に「石油に代えて電力を使用する」駆動動力システムとしており、比較的よく見かけるのは、電気自転車、電動バイク、ハイブリッドカー(HEV)、電気自動車(BEV)です。ハイブリッドカーを除き、使用上配慮すべき点があり、まだ完全に電力方式を動力源としていません。その他は全て完全な電力システムなので、排気汚染の問題はありません。

現在使用されている鉛蓄電池を動力源とする交通機関から見た場合、毎年世界中の鉛蓄電池生産量の50%が、電動交通機関に使用されるとすると、例えば電動自転車、ゴルフカート、電動カートなど、3億8千万台の電動車動力を提供できます。

しかし、鉛蓄電池のエネルギー密度は低く(30Wh/kg)、エネルギー変換効率は良くありません(60%)。重量が重いということは、より大きな動力が必要で、さらに多くの鉛蓄電池も必要だということになり、往々にして一種の悪循環を作り、多くの無駄な電力を浪費することになります。しかし、安全性を考慮し、他の電池を代替品として使用するには至っていません。Aleeesの LFPリン酸鉄リチウムのバッテリーは高い安全性、高いエネルギー密度(130Wh/kg)は、高いエネルギー変換効率(95%)で、優れた鉛蓄電池の代替品です。

統計によると、自動車がガソリン1リットル使用すると、2.24キロの二酸化炭素が発生します。現在世界の5億台の自動車が消費する量から言えば、年間84億トン(注1)の二酸化炭素が発生しています。この数字にはディーゼル車、オートバイ、工業が生み出す二酸化炭素排出量は含んでいません。電気自動車は、この分野について温室効果を削減し、クリーンな汚染されていない空間を作ることができます。

現在各自動車メーカーが主に生産・製造している電気自動車は以下の3種類に分けられます。」「電気自動車」BEV(Battery only Electric Vehicle)、「ハイブリッドカー」HEV (Hybrid Electric Vehicle、通称Hybrid)、及び両者の間に位置する「プラグインハイブリッドカー」PHEV (Plug-in Hybrid Electric Vehicle)。いわゆる「プラグインハイブリッドカー」PHEV(Plug―in Hybrid Electric Vehicle)の運用原理はハイブリッドカーと同様で、電力駆動を採用すると同時に、従来のガソリンまたはディーゼルエンジンを用いています。電池電圧が低下した時、車載コンピューターは従来のエンジンを起動させて行程を継続すると同時に、バッテリーに充電を行います。ハイブリッドカーと異なるのは、プラグインハイブリッドカーが備えているバッテリー容量はより大きいため、バッテリー走行できる距離が更に長く、より多くのガソリンを節約することで、より多くの温室効果ガス排出を低減できるのです。

バッテリーの再充電方法は、エンジンを起動して充電を行うほか、家庭用電源装置に接続し充電することも可能です。ゼネラル・モーターズが、公表したシボレー・ボルトのデータを例にすると、ガソリン1リットル当たりの走行可能距離は約21キロでした。2007年米国自家用車の平均値と比較すると、ガソリン1リットル当たりの走行可能距離はたっぷり64%(米国CAFE基準に基づいて算出した平均値は1リットル当たり12.8キロである)増加しました。年間走行距離が20000キロで、ガソリン1リットル当たり34台湾元の計算で、年間消費するガソリン代は約2万2千7百台湾元の節約が可能です。現在、プラグインハイブリッドカーが進化する上での最大のボトルネックは、高いパフォーマンスのバッテリーにあります。現在のハイブリッドカーが装備しているニッケル水素電池と比較すると、Aleeesが開発したリン酸鉄リチウムバッテリーシステムは、体積を半分に縮小すること、また、相当に軽量化できるほか、同時に、より長いバッテリー寿命やより優れた充放電効率を提供できます。

注1:自動車1台当たり「わずか」ガソリン2リットルを消費するならば、1日の消費量は10億リットルとなります。ガソリンを1リットル使用する度に、2.24キロの二酸化炭素が発生するという計算で、23億キロ発生すると、CO2は230万トンとなり、毎年84億トンの二酸化炭素が発生することになります。