電動工具

電動工具


電動工具は初期の頃、高倍率放電性のニッカド電池に独占されていました。しかし、カドミウムは猛毒で、環境への影響が甚大なため、ニッケル水素電池が登場すると、次第にニッカド電池に取って代わるようになりました。ニッケル水素電池は環境保護性があり、容量密度はニッカド電池の1.5倍以上で、高効率化されてから、次第に電動工具市場を占めるようになりました。


現在、日本のパナソニックが生産するHHRSc 300P 3500mAhニッケル水素電池は、ニッカド電池に代わる商品となっており、米国でも容量が2.2~2.4Ah、放電が10~20CのSC型バッテリーが発展しています。ドイツVarta社などでも、電動工具用の超高効率型(UHP)ニッケル水素電池が発展しています。以前電動工具に使用されるリチウムイオン電池が比較的少なかった原因はリチウムイオン電池の安全性に欠けていたためですが、AleeesのLFPリン酸鉄リチウムバッテリーは、リチウムイオン電池に最も重要な安全性の問題を解決し、更に高倍率放電の特性を備えた、言わば電動工具市場のキラー級応用製品なのです。